YOSHIOPCの脳内オンラインブログ

  1. 思ったこと書く
  2. 2 view

セミがジリジリ鳴いてる。振り返れば、一番最初に頭に馴染んだノイズサウンドかもしれない

蝉の鳴き声で感じる日本の夏

蝉の一生って土の中で長く暮らして外に出たら数日で生き絶えるって小学生の時に習いました。子供心ながらになんて儚いんだ…なんて思った気がします。そして、大人になると蝉も人間も大して変わらないじゃないかとか変な悟りを開きつつあるわけです。この記事は8月12日の日曜日に書いています。まさに日本はお盆休み真っ只中ですね。そんなわけで今日はお墓参りに行ってきました。その時に強烈な蝉の鳴き声を聴きながら夏を感じたわけでこの記事を書き始めました。

強烈なノイズサウンドである虫の鳴き声

蝉に限ったことじゃなく、虫の鳴き声って小さな頃から変わらない強烈なノイズサウンドとして記憶に残ってませんか?どれがなんの虫なのかはわからなくとも、この時期になると夏休みの思い出とともにジリジリとした様々な虫の鳴き声を聴きながら大人になってきたんだなって思うわけです。だいたい楽しかった夏の日と共に思い出すってことは、僕は意外と毎年夏をうまく満喫してるのかもしれません。また冬の記憶は深々とした静寂と共に抱えているのですが、これは夏があまりにも騒々しいからその対比とコントラストでそう感じるんだろうなとか思ったりします。夏はやっぱり生命の息吹を無機質な音で感じる的な。

何を書きたいかわからないままキーボードを叩き始めたので、うまくまとまらない話になりましたが、今日感じたこのちょっとしたノスタルジーを残しておきたくて書き残しました。特に深い意味とかはないです(笑)

 

思ったこと書くの最近記事

  1. 人それぞれだからその人の持つ可能性の中で爆発できてる人が俺は好きなんだ

  2. 自動翻訳が進んでいくと地球は統一言語になるわけで、その先のコミュニケーションの広がりは無限…

  3. Vocaloid5を手に入れたのでボカロに関して書いてみる。

  4. 自分が楽めたり気持ちが良いことのみを追求すべきで他の人の行動にとやかくいう必要もないし、何…

  5. スケボーをしたいっていう気持ち。思い出補正と音がかっこいいって話

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。