YOSHIOPCの脳内オンラインブログ

  1. 音楽の話
  2. 4 view

燃え上がる衝動とか久しく感じなくなってきて、淡々とした繰り返しが板についてくる頃にテクノは鳴り始める。

色んなことを知らずに諦めていたり、会得してるのが大人であって、時間は戻らない以上は青春時代の感覚は取り戻せないし、僕はそれが当たり前だと思っています。そしてテクノミュージックと言うのは、無表情に進む凡庸で規則的なリズムにその感覚を重ね合わせることで、かえって発見があったり、自分を省みたりすることができると思っています。

所謂、ミニマムテクノにおける定期的に重ねられていくサウンド的な小さな変化は日常のそれと似ていて、決して何かドラマティックな事が待っていなくてもただ突き進んでいく。そして矛盾にも近い『予定調和的に不協和音が生まれるロングミックス』という手法そのものがもしかしたら人生そのものなんではないでしょうか。ルールがある上での新アプローチや手法、実験的なアクションすべてを巻き込んで音楽的に表現される楽曲たちはいつも無言で語りかけてきます。

メロディーも歌詞も不透明だからこそ、受け手の感じたままに楽しめばいいという実にアーティスティックで興味深い世界なのかもしれないです。

音楽の話の最近記事

  1. ド定番ヘッドフォンの『ソニーMDR-900CDST』を買いなおした話。やっぱりこれだな

  2. Vocaloid5を手に入れたのでボカロに関して書いてみる。

  3. YOSHIOPCの自作楽曲などをライセンスフリーで公開していきます。改変してからであればご…

  4. 燃え上がる衝動とか久しく感じなくなってきて、淡々とした繰り返しが板についてくる頃にテクノは…

  5. ミニマルテクノの魅力

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。