YOSHIOPCの脳内オンラインブログ

  1. 個人的な話
  2. 29 view

日本人の美徳である『道具を長く大事に使おう』がなかなか通用しないスマホ事情

iphone6sがそろそろ限界

壊れる度にdocomoの修理サービスなどを利用しながら長年愛用してきたiphone6sですけど、いよいよお別れのときが近づいてきたかもしれません。最近バッテリーがへたってきたのは認識していたんですけど、ついに変形し始めたのかiphone6sが自然に反り返りだしていました。また、充電時のみならず通常に利用している時も発熱がすごくて、この夏の時期の暑さと相まってめちゃくちゃな暑い金属の塊となっております。ここ数ヶ月はアプリの処理速度もずいぶんと低下したような感じで、色々買い替えを考え始めました。

最後のイヤホンジャック搭載機種だったからここまで頑張って愛用してきたのですが、バッテリーの方の消耗や変形してきたという事実によって、6sとおさらばという事になりそうです。

本当はずっと使っていたかった

6sに対してはappleからの純正ケースももっているのでまた新しいiphoneを買うとなると、ケースから買い替えたりしなければなりません。またスペックの向上によって本体価格もどんどん高価になってきているのでスマホに関してはもっと長年愛用するようなスタンスでいたいのですが、そうはいかないようですね。OSレベルで進化したり、対応してくれるアプリが年々減ってきたりと市場に操られがちになっちゃうことが辛いところですね。結局イヤホンジャック廃止という流れに声なく抵抗していた俺のレジスタンス活動も間もなくおわり、ワイヤレスを受け入れるしかなさそうです(おおげさ)

道具にも魂が宿る的なやつ

アンドロイドにせよ、iphoneにしても定期的に買い換えるサイクルが必要となってくるこの感じがやはり受け入れがたいところではあるのですが、日本メーカーがとらない手法の一つだったのかもしれません。購入してから十年近くと現役で動いてしまう白物家電という感覚とスマホのようなデバイスを同じに考えてはいけないのでしょうね。
日本人の感覚でいう道具を長く大切に使えとか、ものにも魂が宿るというような感覚は市場的には購入意欲を抑制してしまうので都合がわるいというのもわかりますが、せめてもう2年はしっかりと動くような設計でモノ作りをしてもらえたらとかおっさんは思うわけです。

個人的な話の最近記事

  1. 大動画時代の武器は個性

  2. YOUTUBEでフジロック生配信。さっき奥田民生や甲本ヒロトも歌ってたよ。これは大歓迎だよ…

  3. アラフォーのCLUB遊びの思い出

  4. 日本人の美徳である『道具を長く大事に使おう』がなかなか通用しないスマホ事情

  5. ポチってた事を忘れた頃にやってきたjouz(IQOS互換)連続で吸えるやつ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。