YOSHIOPCの脳内オンラインブログ

  1. ブログ全体案内
  2. 124 view

noteの投稿を減らし、ネットへの書物(ブログ)はワードプレスにした話

noteに書いていたものを結局ワードプレスに戻そうと思った話

https://note.mu/

noteノート)は、文章、写真、イラスト、音楽、映像などを手軽に投稿できるクリエイターと読者をつなぐサービスです。ブログのように使うことも、SNSのように使うことも、コンテンツを販売することも自在に活用いただけます。

noteから移すと言ってもそんな大げさなことでもないのですが、一応理由以下の通り

移行の理由。それは自由に書きたいから。

Noteのサービスの方向性を現状理解した。
自分が読み手側に回ったときにNoteの看板が邪魔になった。
結局所有ドメイン以下での情報発信が強いと思った。
PVアクセスへの追求を一度捨てたくなった。
書きたいことだけを書く。
Facebookの個人情報流出など、他の企業が提供するサービスへ参加することのリスクを見つめ直す。

Noteは課金モデルがすぐに用意されていたり、他のクリエイターアカウントと差を生み出させないという狙いからでしょうがカスタムする自由度はありません。
あとは作者の知名度が大きく左右するということもあると思いますが、それは決して不公平なことではないので、文章を含めた作品での勝負をするためによく考えられた仕様だとも思いました。
また、ワードプレス導入を未経験の方にはそもそも独自ドメインでブログとかよくわからんって話だと思うので、Noteに限らずアメブロなどのブログサービスを選ぶのだと思います。
制限があるとしても向いている人からすれば、無料で自分の思いを自由に書いていけるというのは本当に素晴らしい事だと思います。
また、専門的な知識を求めるネットユーザーの目に止まり役に立つ、そしてSNSで更に広がっていくというこの導線は今後も大きく変化することは無いと思います。

どんなジャンルにしても、何か物事を発信したいという気持ちがある人なら、やはりブログははじめて見るといいのかなと思います。

SEO強化やらアクセスUP系の狙いはありません。

さて、Noteからワードプレスに移行した方のブログを読んで見るとですね、やはりSEOの事なんかも大きな理由に挙げられる事あります。ですが僕の場合はPVアクセスUP、及びgoogleアドセンスの成果拡大の目的ではありません。むしろPV数にこだわるあまり無感情で記事を更新するのもちょっと嫌なので、気ままに書いていこうと思います。ブログ更新したいときはしますし、しないときは放置すると思います。

あまり数字に追われてしまうと、気ままに書くこともできなくなることを経験上知っています。
またgoogleのアップデートやポリシーの変化で右往左往することになるので、自分を見失ってきます。
いよいよ僕ももうおっさんで二児の父なので、巨大な組織Googleに右往左往させられるのも、奴隷のようになるのも嫌なのかもしれません。

今まで何年にも渡って投資日記ブログや、音楽系、動画まとめ系などのキュレーションメディアから無料アダルト動画紹介メディアとかもたくさん作ってきたので、ある程度のブログを収益にする道筋は頭に描けますが、やっぱそれを目的にやるにはもっとテーマを決めたり戦略をねる必要があると思うんですよね。今回立ち上げたこの【ヨシログドットオンライン】というブログでは過去に得た知識もある程度は詰め込みながら、その上で肩の力を抜いて書いていきます。

テーマはTCDさんのZERO(有料)

このブログで使用しているのは有料テーマのZEROですね。心惹かれたのは『アイキャッチも使わない』というコンセプト。
正直、よくお世話になったシンプリシティやアフィンガーシリーズ、その他他にも素敵なテーマがワードプレスでは実装することができます。もちろんそれぞれの個性を活かしながらカスタムすることでかっこいいブログを作成するのは簡単になっています。(本当に素晴らしいです。)無料テーマをインストールし、気に入ったカスタムに何時間もかけたり、googleアナリティクスとにらめっこしたり、マージン調整したり・・・。

僕なりにいろいろ考え、模索しながらWEBサイトをいくつも構築してきた経験もありますし、とても楽しかったです。
多少のスキル的なものもやらないよりは向上したように思います。感謝してます。
(同時に闇に消えていったドメインの数も数多)

今回はなんていうか有料テーマに任せてみて、本当に最初に書いたように
『書きたいことを余計な雑念なく書く』ということに集中してみようと思います。

どうぞこれからよろしくお願い致します。

ブログ全体案内の最近記事

  1. ワードプレスのいいところ。スマホからもサクサクと書ける

  2. noteの投稿を減らし、ネットへの書物(ブログ)はワードプレスにした話

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。